豊胸手術を知ろう!様々な方法とそのメンテナンスについて!

豊胸手術を知ろう!様々な方法とそのメンテナンスについて!

メンテナンスについて

各豊胸手術を受けた際には、アフターケアを受けることが大切になってきます。シリコンバック挿入法の場合はマッサージを受けることが重要です。何故なら、体内に異物を入れるシリコンバック豊胸手術は、体が拒否反応を起こします。これをカプセル拘縮といい、異物を押し出そうとバックの周りに膜が出来てしまい、圧迫されることで固くなります。これは痛みを伴うだけでなく、胸の形が変形してしまうので注意が必要です。

シリコンバックよりは体の負担が少ないとされる脂肪注入法ですが、こちらにもアフターケアが必要となります。拘縮は起こりませんが、術後、3週間程度安静にしている必要があります。何故なら、脂肪を注入した部分は不安定な状態になっているため、動いてしまうと定着を妨げる可能性があります。激しい運動は控えなければなりませんし、適切なマッサージを行う必要があります。脂肪が石灰化してしまうのを防ぐためにしっかりとマッサージをしましょう。また、取り出した脂肪の部位のケアも行う必要もあるため、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

豊胸手術を受けた際には、その後のアフターケアが重要となります。適切な処置をすることによって、健康被害が残らないようにしてください。